外壁に使われる塗料の
種類について

外壁に使われる塗料の種類について

建物の外観を何気なく目にしているだけでは違いがわかりませんが、外壁塗料にはさまざまな種類があり、その機能性や費用などは大きく異なります。こちらでは、現在一般的に使用されている主要5種類の外壁塗料のメリット・デメリットを比較しながらご紹介します。大垣、揖斐郡大野町など岐阜県西濃エリアでの外壁塗装工事に関するお悩みは、外壁塗装のプロ集団松山塗防へご相談ください。

現在普及している5種類を徹底比較

アクリル系塗料

アクリル系塗料

一番割安な塗料で、耐用年数は4年から7年程度です。紫外線、耐久性に弱く、近年はあまりメジャーではない種類といえます。気分を変えるために短い塗替えサイクルでカラーチェンジを楽しみたい方には気軽に使っていただけるのでおすすめです。

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料

アクリル系塗料の1つ上の価格帯になる塗料で、耐用年数は5年から10年程度です。塗膜に弾力があり汚れにくく耐久性・施工性にも優れていてひび割れがしにくいというメリットがあります。アクリル系より長持ちはしますが、現在は防水工事や木部分などに部分的な使われ方が一般的です。

シリコン系塗料

シリコン系塗料

ウレタン系塗料の1つ上の価格帯になる塗料で、耐用年数は7年から15年程度です。紫外線に強く防汚性、防カビ性、防藻性が高い特徴があります。近年の一般住宅の外壁塗装はシリコン系塗料が主流になっています。耐久年数も長く、色落ちが少ないメリットがあります。

フッ素系塗料

フッ素系塗料

シリコン系塗料の1つ上の価格帯になる塗料で、耐用年数は15年から20年程度です。コストは高めですが、耐久年数が長く塗替え回数を抑えられるので、長期的にみれば採算がとれる塗料といえます。光沢感や防汚性も高く、商業施設や大型ビルで主流になっています。これから、一般住宅での使用が増えていくことが予想されています。

光触媒系塗料

光触媒系塗料

一番高額の価格帯になる塗料で、耐用年数は15年から20年程度です。紫外線が当たることで塗膜の水なじみがよくなり、雨などがあたると汚れが洗い流されるメリットがあります。高い耐久性を持ち、汚れが付着しにくいため、いつまでも美しい外観をキープできる特徴があります。

お住まいに最適な塗料を選ぶためのポイント

お住まいに最適な塗料を選ぶためのポイント

どんなに高性能の塗料を選んだとしても外壁素材との相性が合わなければ、その効果を発揮することはできません。また、外壁に使われている素材によって塗料を吹き付ける塗装作業の価格や手間が変わります。塗料の機能性や価格だけで判断せずに、総予算、塗装の範囲、断熱・遮熱・防水・防汚など求めている機能性、耐久性、塗替えサイクル、家全体のメンテナンス時期、カラーなどから、総合的な判断で塗料を選ぶ必要があります。

TOPICS「失敗しない色の選び方」

TOPICS「失敗しない色の選び方」

外観の決め手となる外壁の色。思い切ったイメージチェンジを希望する方も多いです。ただし、外壁は失敗したからといって簡単に塗直しができるものではありません。打ち合わせ段階で、お住まいの完成形をしっかりイメージしておくことが大切です。

好みの外壁カラーの家を探してみる

好みの外壁カラーの家を探してみる

机上のカラー見本で確認していても、実際の建物の色になったらイメージが違ったという声を数多く聞きます。そのような失敗をしないためには、近所の住宅街を見て回り、理想の外壁を実現している家がないかチェックをしてみましょう。できれば、写真などを撮らせてもらえると、施工業者に正しく色を伝えることが可能になります。

塗装しない部分の色を知っておく

塗装しない部分の色を知っておく

窓枠のアルミサッシや玄関のドア、雨どいなど、一般的な住宅では塗装を行わないパーツがあります。そのため、色が固定されている部分のカラーを考慮しないで外壁カラーを決めてしまうと、アンバランスになってしまい全体で見ると落ち着かない色味になってしまうこともあります。外壁や屋根だけでなく、家全体の配色イメージを持つことが重要です。

色の見え方を知っておく

色の見え方を知っておく

外壁カラーの相談をする際、机上に広げた色見本をベースに打ち合わせをすることになります。しかしながら、人間の目には錯覚の効果があるため、小さな面積の色見本と大きな面積の外壁では、色の見え方に違いが出てしまうものです。明るい色を選んだ場合、大きな面積のほうが明るく見えるためワントーン暗めの色を選ぶ、暗い色を選んだ場合、大きな面積にするとより暗く見えるためワントーン明るい色を選ぶ、など色選びのポイントを抑えておきましょう。

多色使いを避けて統一感を出す

多色使いを避けて統一感を出す

あまりたくさんの色を使ったり、塗料の種類をパーツで分けたりすると全体の統一感がなくなりバランスの悪い家になってしまいます。色の組み合わせを考え、全体で2色から3色に抑える色使いのほうが、飽きにくく統一感のある外観になります。

失敗しないための「外壁塗装基礎知識」
松山塗防の外壁塗装
会社情報