業者の選び方

業者の選び方

お住まいの外壁や屋根の塗替えを検討したいと思っていても、実際にどんな業者に相談をすればよいのかわからず、悩みを抱えたまま問題を先送りにしていませんか。こちらでは、大垣、揖斐郡大野町など岐阜県西濃エリアで、外壁塗装工事を請け負う松山塗防が、業者選びのときに重要になるチェックポイントやよくあるトラブルをご紹介します。塗装業者選びでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

業者選びのポイント

業者選びのポイント

業者の担当者と打ち合わせをしていても「費用は適正なのか」「施工技術は確かなのか」など判断が難しく、不安を抱えたまま工事が始まった後にトラブルへ発展してしまうケースもあります。1社だけでは判断できない場合は、複数の業者とコンタクトをとり、下記のポイントを踏まえなから冷静に比較してみましょう。

見積りのための現地調査を行っている

見積りのための現地調査を行っている

外壁や屋根の塗替えは、実際の建物の劣化状態、壁面の広さ、立地など、さまざまな状況を確認しなければ適正な見積もり書を作成することはできません。そのため、知識のあるスタッフが現地調査を行い、見積もりや工期などを見極める必要があります。現地調査を行わないで、営業担当者から「簡単にお見積もりを作成できます」と言われたところ、見積もりの算出根拠が甘く、後から高額な追加費用の請求が発生するトラブルも起きています。現地調査を行ったうえで、見積もり書の内容をしっかり説明してくれる業者を選びましょう。

施工実績がある業者か確認しておく

施工実績がある業者か確認しておく

街の小さな工務店など、名前を聞くことがなくても優れた技術で高い評判を得ている業者はたくさんあります。近隣の評判や過去の施工事例、口コミで広がっている評判など、情報収集を行うことで信頼できる業者かどうか判断することが可能になります。

営業~施工~アフターフォローまで一貫して行っている

営業~施工~アフターフォローまで一貫して行っている

よくあるケースが、契約は営業担当の親会社で、施工は下請け業者にあたる別会社へ発注しているというパターンです。営業会社と現場の施工会社の間に行き違いがあったり、工事の責任所在があいまいになってしまったりすることも考えられます。営業から施工、アフターフォローまで一貫した品質を保つ努力をしている企業形態か確認しておきましょう。

施工主とのコミュニケーションをしっかりとっている

施工主とのコミュニケーションをしっかりとっている

施工主の要望を無視して、無理やりに自社の工事プランを押し付けたり、カラーの選択肢が少なくシュミレーションできなかったり、施工主が思い描く理想のオーダーができない業者もあります。施工主が、営業担当や技術スタッフとしっかりと話し合いができる機会があり、工事の前に完成イメージを共有するためのコミュニケーションを大切にしている業者を選びましょう。

適切な施工方法や塗料を選択している

適切な施工方法や塗料を選択している

技術の進化により現在は、目的に合わせてさまざまな塗料が選べます。そのため、塗料の性能がお住まいの建物や建材に適しているかどうか、専門の知識を持った技術者の判断が必要になります。適切な塗料を選択し、美しい外観に仕上げるための施工プランをしっかりと練っているのか、計画段階でしっかり確認しましょう。

よくあるトラブルと回避法

外壁・屋根の塗替え工事はトラブル対策をしっかりと

外壁・屋根の塗替え工事はトラブル対策をしっかりと

外壁や屋根の塗装工事は、足場を組んだり特殊な溶液を使ったりと、特別な準備や作業が発生します。そのため、工事の規模や費用、工期、近隣住民の方への配慮などあらかじめ工事期間内に起きうる想定事項を確認し、トラブルを未然に防ぐ対策をしておくと有効です。こちらでは、外壁塗装工事でよくあるトラブルと当社が実践している対処方法についてご紹介します。

工事開始後に高額な追加請求が発生した

工事開始後に高額な追加請求が発生した

塗装工事を請負う業者の中には、現地調査を行わず格安で見積もり書を作成し、工事が始まってから高額請求を行う悪質な業者も存在します。見積もり書が提示されたら、契約を結ぶ前に費用の詳細をしっかりと確認しましょう。

手抜き工事が行われていた

手抜き工事が行われていた

外壁・屋根の塗替えで手抜き工事をしているのかどうかは、素人が見抜くことは難しいものです。工程別に、どれくらいの時間と作業人数がかかるのかを事前に確認し、時間や人がカットされていないかなど、なるべく立ち会って工事の進捗を確認することをおすすめします。よくある手抜きパターンは、短期間で現場作業を終わらせるために、古い塗料を高圧洗浄で落とした後に、2、3日かけて乾燥させる時間を短縮して湿気を含んだ状態で塗替えを行うケースです。新しく上塗りした塗膜の内側に湿気が溜まり、短期間で塗装がはがれるトラブルも引き起こします。

仕上がりのイメージが違った

仕上がりのイメージが違った

外壁塗装の仕上がりは、小さな色見本で確認した色と実際の壁面に塗装した色とでは違って見えるのは、ある程度仕方がないことでもあります。そのため、事前に明るめに出やすい色なのか、暗めに見えるのか、過去の施工事例などをもとにカラーシュミレーションをしっかりと行っておきましょう。

近隣の方への配慮を忘れずに

近隣の方への配慮を忘れずに

外壁や屋根の塗替えの際、騒音や塗料のニオイ、高圧洗浄による汚れの飛び散りなど、対策を取っていてもどうしてもご近所に迷惑をかけてしまうことがあります。その日に予定している作業で、近隣に影響が出る工程が含まれている場合、事前に一言お伝えしておくことをおすすめします。また、足場を組んで建物全体の塗替えを行う場合、足場の設置や撤収作業が発生するため、トラックの出入りや建材の運搬などで近隣道路にも影響が出ることがあります。他にも、塗替え作業の準備で建物をシートで覆うため住居に死角ができてしまい、隣家も含めて泥棒に狙われやすくなるともいわれています。防犯対策をしっかりと行っているかも確認しておきましょう。

失敗しないための「外壁塗装基礎知識」
松山塗防の外壁塗装
会社情報